近視をズバリ解決する視力矯正の方法を一挙公開する

眼鏡かけた女の子

画期的なコンタクト

医師と男性

特殊なコンタクトレンズによる最先端の視力矯正法があります。レーシックと違い、即効性がありますので1度の使用で大幅に視力が回復しますし、手術をしないで視力を矯正しますので、痛みもなく安心してお試し頂けます。

もっと詳しく

レーシックを知る

医療器具

視力矯正の手術を受けるなら病院へいくことになりますが、良い病院を探すための知識を身につける人が増えました。初診の際に、検査や手術内容を医師に質問してみましょう。丁寧に説明してくれるなら、信頼に足る医師と言えます。

もっと詳しく

注目記事

さまざまな方法

薬とコップ

視力矯正方法としては眼鏡やコンタクトレンズが一般的とされています。最近ではレーシックなどの手術の需要も高まってきました。生活習慣によって視力が低下してしまいますから、視力が悪くならないように気を付けることも大切です。

もっと詳しく

良い病院を探そう

手をあげている女性

視力矯正の方法は個人によって合うもの、合わないものがありますから、自分の生活スタイルに合わせて矯正方法を選ぶ必要が生じてきます。一般的に多いとされている矯正方法は眼鏡、コンタクトレンズなどが挙げられます。

もっと詳しく

視力矯正の手術

レーシックは安くなった

横向きの眼鏡女子

我が国では、近視の人がたくさん存在します。3人に1人は近視と言われていますし、高校生だと6割以上が近視と言うデータもあります。近視大国とも言われていることもあり、様々な視力矯正方法が注目を集めるようになりました。 視力矯正の中でもメジャーなのは、何と言ってもレーシックでしょう。かつては、手術費用が50万円以上すると言うこともあり、誰でも受けることができるとは言い難かったです。しかし、視力矯正の技術が進歩して、手術の精度が上がり、費用も格段に安くなりました。 通常のレーシックの手術費用は、10万円から30万円が相場となっています。最近主流のイントラレーシックの場合は、14万円から30万円が相場です。

レーシックの特徴とは

レーシックの特徴として挙げられるのは、他の視力矯正手術に比べて費用が安い、視力の回復も早いと言うところでしょう。手術も簡単です。 レーシックの手術に要する時間はかなり短く、片目だけなら10分程度で終了します。手術中はもちろんですが、手術後も痛むと言うことはほとんどありません。また、視力の回復についてですが、ほとんどの場合で手術した次の日には通常の生活に戻ることができるでしょう。 とは言え、レーシックの手術後は、ハローやグレアがよく起こります。しかし、心配はいりません。その内収まります。また、ドライアイになることもありますが、6ヶ月から1年程度で改善することがほとんどです。過度に心配しないようにしましょう。

かかる費用について

視力が悪い人にとって、日常生活を円滑に過ごすために「視力矯正」は必ずといっていいほど必要不可欠なものです。そんな視力矯正ですが、現在はさまざまな方法があります。まず、大きく分けると3つあります。1つ目は、最も歴史の古い「メガネ」です。価格は3000〜30000円となっています。次に、目に直接レンズを入れる「コンタクトレンズ」です。価格は10000〜20000円で、使い捨てタイプと繰り返し使うことのできるタイプがあります。3つ目は、近年注目されている「レーシック手術です」これは一度行うと、視力が回復するので価格は高いのですが効果は抜群です。価格は200000〜300000円が相場となっています。

さまざまな歴史

では次に、先ほど紹介した3つの視力矯正方法について、それぞれの歴史と変化を紹介していきます。まずはじめにメガネですが、日本でメガネの文化がはじまったのは、一説によると1950年前後といわれています。当時はもちろんいまのようにオシャレなものではなかったのですが、少しずつ進化していき、現在では3000円程度で購入できるメガネも増えてきました。次にコンタクトレンズですが、以外にも日本でコンタクトレンズが流通しはじめたのは、メガネと同じ頃です。一節によると使い捨てのコンタクトレンズが流通されるようになったのは、1980年代後半のことだそうです。最後にレーシック手術ですが、これはここ10年ほどで流通しはじめた技術で、まだまだこれからの進化が期待できる視力矯正方法です。