近視をズバリ解決する視力矯正の方法を一挙公開する

画期的なコンタクト

レーシックを超えました

医師と男性

これまで視力の悪い方の多くは、メガネやコンタクトレンズを使用して、低下した視力を補ってきました。 そして医学が発達するに連れて、視力を回復させることができる方法として、レーシックという手術が行われるようになりました。 ですがレーシックは手術ですので不安も多いですし、個人差はありますが術後の痛みもあります。 しかし最近では、手術不要という画期的な視力矯正法ができたのです。 表面にへこみがある特殊なコンタクトレンズを、就寝時に着用するだけで良いのです。 眠っている間に、レンズのへこみによって角膜の形が変形し、光の入り方を調節してくれるのです。 それによって視力矯正され、朝レンズを外した時に視力が劇的に回復するのです。

最先端の方法です

特殊なコンタクトレンズによる視力矯正法は、夜間の眠っている間に矯正を行うものですので、起きている間の私生活に支障をきたすこともありません。 毎晩継続して装着することによって、少しずつ視力矯正を行いますので、目にも負担が少ないです。 費用は医療機関によって違いはありますが、約15万円から20万円ほどです。 レーシックでも、これくらいまたはこれ以上の費用がかかることもありますので、たいへんリーズナブルです。 普通のコンタクトレンズと真逆で、眠る前に装着し朝外しますので、裸眼で1日を過ごすことができます。 また、レンズの装着をやめることによって角膜の形も戻りますので、使用感に馴染めなかった場合でも、角膜の形や視力を使用前の状態に戻すこともできます。 気軽に行うことのできる視力矯正法ですので、ぜひお試し下さい。

視力をアップさせる

視力矯正の代表的な方法としては眼鏡やコンタクトレンズが挙げられます。装着することによって視力矯正することが可能ですが、メガネやコンタクトレンズを外してしまいますと、元に戻ってしまうというデメリットがあります。睡眠時など視力が低下していても支障がない時間は矯正器具を外して目を休めることが必要になります。しかし最近では睡眠時を利用した視力矯正法なども編み出されてきました。特殊なコンタクトレンズを睡眠時に装着することによって翌日視力が回復しているという方法です。夜間にコンタクトレンズを装着することによって日中は裸眼で過ごすことが出来るという仕組みなのですが、矯正直後は視力が安定するのに時間が掛かってしまうので車の運転などは控えましょう。

最新の治療方法

視力矯正方法はたくさんあります。最近ベーシックになってきた方法がレーシックでしょう。特にスポーツ選手などに支持されています。眼鏡やコンタクトレンズでは運動するときに様々なリスクが生じてしまいますから、出来れば裸眼の視力を矯正したいと思う方が多い傾向にあります。そこで登場したのがレーシックです。角膜自体を手術することによって裸眼の視力を格段にアップさせることが出来るのです。視力の度合いによっては手術が出来ない方もいますから、まずは検査をして手術することが可能かどうかを調べる必要が生じてきます。レーシックの中にも様々な種類がありますし、クリニックによって多少異なってきますから、しっかりとカウンセリングを行って納得した上で手術をしましょう。